YOROZ CIO-SUPPORT

IT責任者と共に「モヤッ」としたお悩みを明確化し、
課題解決、その先の価値創造をご支援いたします。

YOROZ CIO-SUPPORT
YOROZ CIO-SUPPORT

複雑性・不確実性が一層高まるDX時代のCIOを
実行力のある情報提供で支援します。

  • IT戦略
  • 情報活用戦略
  • 業務・プロセス改革
  • ITガバナンス
  • IT投資効果
CIO-SUPPORT実施例
相談者:「基幹システム刷新プロジェクト」統括責任者(CIO)

レガシーシステムの再構築は現行踏襲で本当にいいのか?

長年運用してきた基幹システムはアーキテクチャが古かったり、プログラムがスパゲッティ状態になっているため、マーケットの変化にスピーディな対応ができなくなってきた。
これまでのシステム機能には満足していたため、再構築プロジェクトは現行踏襲の方針で進めているが、本当にこのまま進めていいのだろうか?

相談者:「基幹システム刷新プロジェクト」統括責任者(CIO)

 

CIO-SUPPORTの進め方例

  1. 全般的に把握
    全般的に把握
  2. 課題の分析
    課題の分析
  3. 計画の策定
    計画の策定
  4. 施策評価ポイント作成
    施策評価
    ポイント作成
  5. 施策の観測・評価
    施策の
    観測・評価

定期ミーティング

全体のスケジュールやテーマにあわせて定期的なミーティングを実施。定期ミーティング以外でも「お問い合わせ・ディスカッション」に対応いたします。
※事前にテーマに関する資料をご提供いただきます。

課題解決PoC

全体スケジュールやテーマにあわせた部分的な課題を解決いたします。定期的なミーティングを含め「ディスカッション」しながら施策を進めます。
※事前にテーマに関する資料をご提供いただきます。

企業のIT部門は社会やマーケットの求める価値の変化に対して顧客起点の思考法が求められるようになり、
テクノロジーはオンプレミスからクラウドやマイクロサービスの利用へ、手法もウォーターフォールからアジャイルへと変遷しています。

このような状況下でCIOは幅広い知識と、IT投資に対する高度な判断力と意思決定が求められるようになりました。
CIO-SUPPORTは、私たちがシステム開発・コンサルテーションの分野で50年間培った知見とノウハウで、
新たな価値提供に挑戦するCIOのディスカッションパートナーとして支援いたします。

このような課題をお抱えではないでしょうか?

このような課題をお抱えではないでしょうか?
  • 経営課題に沿った投資と事業計画の客観性が乏しい。
  • 経営課題は明確だが、システム化することによる具体的な効果は?
  • DX時代のIT部門はどうあるべきか?どのようにして変革すべきか?
  • これからも今までのシステム開発プロセスでいいのか?
このような課題をお抱えではないでしょうか?

CIO-SUPPORTは第三者としての
「目:知見」と「手:ノウハウ」で課題解決の支援をいたします。

CIO-SUPPORTが支援する範囲と観点

IT戦略・計画立案から開発・運用に至るまで、
様々なフェーズで最適な判断と意思決定が求められるCIOを支援します。

上流フェーズ

業務面からのアプローチ

  • 取り組むべきテーマを明確にする
  • 検討しているシステムによる改善効果を明確にする
  • システムコンセプトと業務の「あるべき姿」は、合致しているか?
要求開発
初期テーマの抽出
要求分析
システム構想策定

開発・導入フェーズ

システム化要件からのアプローチ

  • 要件にあった仕様になっているか?
  • 開発・導入、テスト計画、移行計画・手順は明確か?
要件定義(Fit&Gap)
システム開発手順
パッケージ
カスタマイズ
設計
移行計画・移行手順
動作検証
開発
テスト計画
 
結合テスト
品質保証

運用・保守フェーズ

運用管理面からのアプローチ

  • 適切なアプリケーション管理の検討ができているか?
    ⇒リリース、検証手順、品質基準
  • 効率的かつ安全なインフラ検討ができているか?
    ⇒システム統合化、自動化
  • SLAを担保する体系的な管理が検討されているか?
    ⇒障害管理、障害時の対応方針、問合せ対応
  • 組織的なセキュリティ管理体系が検討されているか?
    ⇒アクセスコントロール、ID管理

プロジェクト推進

品質面からのアプローチ

  • ベンダーの標準化手順や品質管理がプロジェクトの計画通りに行われているかを調査する
  • プロジェクト内の品質管理が基準内か調査する
  • プロジェクト内での品質管理の実施状況を計測する
  • プロジェクト内での品質管理の実施状況を周知・公開し自助努力を支援する
経費・採算
課題管理
計画・進捗の見える化
ベンダーコントロール
品質の見える化
スコープ管理
リスク管理
モラール

YOROZU SERIESに関するご相談

Contact

資料ダウンロード・
お問い合わせ

コラム「ヨリドコ!」でご提供している資料のダウンロード、弊社へのご意見・各種お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る